抗うつ剤を利用するという手がある|病魔を完全ガード

男の人

長く治療を続けよう

薬

抗うつ剤を服用して毎日の生活を楽にする

うつ病の症状が進んでいくと、生活に支障が出るほどの不安感や無力感などが続きますので、その状態を改善するための方策が必要となります。休養を十分にとることも大切ですが、抗うつ剤の服用を行うということも治療方法として重要です。現在は身体への負担が少なく、依存性も強く出過ぎない抗うつ剤が開発されており、飲み続けることによって生じる副作用の心配をする必要が少なくなってきておりますので、安心して治療のために服用することができます。抗うつ剤の服用による効果は、気持ちが安定してくることで気力が充実し、興味が持てなくなっていたことに再び気持ちを向けることができるようになること、不安な気持ちや悲しい気持ちを和らげて、穏やかな気分で過ごすことができるようになることなどが挙げられます。また、睡眠導入剤と併用して服用することで、眠れないという症状や睡眠が浅く、何度も途中で覚醒してしまうという傾向を緩和することも可能です。それにより体調も回復し、日常生活において支障が減り、これまでの生活のリズムに戻れることが期待できます。抗うつ剤は、心療内科の医師の処方によってどの薬が出されるかが異なりますが、多くの場合には複数の抗うつ剤の中から患者さんに最も合うタイプのものを探り当てるために、期間を区切って試す意味合いで処方されることもあります。その際に重要なのは、服用によって日常生活にどのような変化が現れたのかを医師にはっきりと伝えることです。服用によって感じられた効果が薄い場合には必ずその旨を伝えることで、別の抗うつ剤に切り替えるということとなります。もちろん服用したことで気分が安定して生活が楽になってきたと実感をした場合にも、きちんと医師に伝えることが大切です。一番最初から自分にぴったりと合った抗うつ剤の処方が得られるということは、それほど多いことではありません。少しずつ探りながら合う薬を見つけていくことで、調整をしていくことが一般的となっています。患者さん自身も、焦らずにじっくりと構えて治療に向き合うことが必要です。自分の症状にあった抗うつ剤が見つかったあとは、その薬を医師の指示に応じて用法と用量を守りながら確実に服用を続けるということを心がけましょう。気持ちが落ち着いてきて、大丈夫と思っても自分で判断して断薬することはしてはいけません。抗うつ剤は服用をやめた場合には症状が急に強くなることもありますので、必ず医師と相談しながら状況を見極めることを心がけることがマストです。