抗うつ剤を利用するという手がある|病魔を完全ガード

男の人

抗うつ剤で心も体も元気に

婦人

抗うつ剤は様々な症状に効果的

うつ病と言っても、人によって激しい気分の落ち込みに悩まされたり、不眠で十分に身体を休められなくなったり、趣味や仕事が手につかないほどの無気力感にさいなまれてしまう人など様々な症状が出ます。日常生活を円滑におくれなくなるということはとてもつらいことです。そのつらい症状にあわせ、抗うつ剤は処方されます。また、パニック症候群などの社会不安障害にも効果を発揮する薬として使われています。抗うつ剤は開発された期間やどの症状に最も効果を及ぼすものかで、種類が分けられており、SSRI、SNRI、三環系抗うつ薬などがあります。副作用が少なく、比較的どの症状にも効果が期待されており、初めての患者に処方されやすいのはSSRIです。神経伝達物質のセロトニンを増やして気分の落ち込みなどの症状を改善してくれます。セロトニンが不足すると不安や落ち込みが強くなります。他にも意欲低下を招くノルアドレナリン、好きなことや仕事に興味を抱かせるドーパミンも抗うつ剤で増やすことが出来ます。三環系抗うつ薬は抗うつ剤の中ではかなり昔から処方されており、うつ病にかなり効果的な薬だと知られています。不眠や睡眠障害に悩んでいる方には十分な睡眠をとれるように睡眠薬として処方される抗うつ剤もあります。うつ病には心や身体を落ち着かせるために、十分な睡眠が必要不可欠なので、夜寝つきが悪い、寝られないと感じたら医師に相談してこれらの抗うつ剤を処方してもらうとよいでしょう。抗うつ剤は最初は少ない量から初めて、徐々に増やしていき、症状に改善の傾向が見られ始めたらまた少なくしていき、完治させる手法をとっています。ゆっくりと確実に症状に効く薬なので、長期的に飲む薬となります。勝手に自分の判断で服用を中止したりすることはやめましょう。症状が薬を服用している際にかわってきたな、と感じる場合もあるかもしれません。その時は医師に相談しておくと、安心して治療することが出来ます。医師との信頼関係を築くことも、その時々の症状に応じた適切な薬を処方してもらえることにつながります。うつ病にかかりやすい人は真面目な性格の人が多く、すべての悩みを自分ひとりで抱え込んでしまいがちです。医師とのカウンセリングで心の悩みをすっきりとさせ、抗うつ剤を服用してセロトニンなどの神経伝達物質の不足を補い、十分な休息をとることがうつ病を早く治す有効的な手段なのです。どの抗うつ剤が自分の症状に合っているかきちんと確かめて、一日でも早く症状が改善するようにゆっくりと休みましょう。