抗うつ剤を利用するという手がある|病魔を完全ガード

看護師

うつに負けないための治療

ドクター

うつ病サプリ

抗うつ剤は正しく服用することによって、初めて効果が現れます。ここでは服用方法についてまとめられていますので、事前に知識をつけましょう。

抗うつ剤の種類と目的

抗うつ剤は大まかに分けると5種類に分けられます。開発年が古いものから、使用が近年になって認められたものなど様々で、患者の症状や体質に合わせて服用する抗うつ剤を決めます。三環系と四環系は使用されている歴史が古く副作用が大きいものの、長期的服用によって体にどのような影響があるかといったデータがきちんと取られています。抗うつ剤の副作用は便秘や排尿障害、胃腸障害などがあり、人によって副作用の出方は様々です。一方SSRIやSNRI、NaSSAは副作用が少ないのが売りですが、薬を販売している歴史が浅く、副作用のデータが取り切れていない、薬価が高いといった問題点があります。古い抗うつ剤も新しい抗うつ剤もそれそれメリットとデメリットがあり、医師と患者、そして患者を取り巻く人々が、患者にどんな抗うつ剤が一番良いか見極めて治療を慎重に行っていく必要があります。抗うつ剤は飲んですぐに効くものではありません。1週間から2週間程飲み続けることで徐々に効果が現れてきます。飲んだから一気に元気なるといった危険な薬では決してありません。そして副作用や患者の病状に合わせて量や種類を変えるため、小まめな通院が必要です。うつ病の方に同時に処方される薬としてマイナートランキライザーというものがあり、一般的には精神安定剤と呼ばれています。うつ病を仮に風邪と例えるならば、抗うつ剤は症状の根本的部分に作用する抗生物質。精神安定剤は咳止めや喉の炎症止めといった表面的な症状を緩和する薬と捉えると分かりやすいでしょう。精神安定剤は軽度の不眠やストレスからくる肩こり用に、内科などでも処方されています。種類の多いうつ病の薬ですが、薬の種類やそれぞれの副作用と薬価を理解して、医師の指示された通りの量を服用するようにしましょう。一度飲んだら一生飲み続けなければいけないものでもありません。うつ病という病気を患者やその周囲の人間が良く理解してうつ病の症状は勿論ですが、薬のこともよく理解することによって徐々に服用する回数や量を減らすことができますので、悲観的になる必要はありません。うつ病は最悪の場合命に関わる病気ですので、症状が悪化して意思疎通が困難に前に、信頼できる医師に体質や生活パターンを伝え、適切な処方をしてもらうことがとても大切です。ちょっとした少々でも軽視せず、早期発見早期治療を心掛けるようにしましょう。また、抗うつ剤はうつ病を根本的に治すものではありません。思考パターンを健康な時の状態に近づけますが、完治の為には環境の改善やカウンセリングを行う必要があります。

婦人

抗うつ剤で心も体も元気に

毎日体がだるくて仕事や家事が思うように出来ない、病院に行ったらうつ病と診断されて抗うつ剤を処方されたけれど、そもそも抗うつ剤ってどんな薬なのかなとお思いの方もいるかと思います。どのような症状によく効くのか、調べてみましょう。

More...

カウンセリング

うつ病を克服する薬

抗うつ剤は「うつ病」に悩む患者さんの大きな味方となります。不安な気持ちや、悲しい気持ちを和らげることができ、日常生活においての困難さを取り除くことが可能です。医師の指示に従い正しく服用しましょう。

More...

看護師

早めの治療が重要になる

心の病の中でも多くを占めるのがうつ病です。早めに抗うつ剤による治療をはじめる事で深刻な状態とならない内に治す事ができます。抗うつ剤には副作用の少ないSSRIや古くから使用されている三環系があるので、個々の症状に応じて利用します。

More...

薬

長く治療を続けよう

心療内科でうつ病と診断された場合に処方される抗うつ剤は、気持ちを安定させて不安感を取り除く効果が期待できます。治療にあたっては医師の指示の通りに服用を続けることが重要です。

More...